AGAの進行パターンに合わせて植毛もしくは増毛を選択する

AGAとは男性型脱毛症のことですが、これの原因は遺伝の影響や、生活習慣だとも言われています。そして、AGAは年数が経つことで進行していきます。M型、O字型、U型の薄毛の原因とその対策方法を大公開!!

 

さらに、進行パターンは人によって変わるため、植毛や増毛を希望するのであれば、その人にあった方法で選択することになるでしょう。

 

増毛については、割愛しますが、植毛も増毛も髪を増やすということでは同じです。
違いは、増毛が人工毛ならば植毛は地毛という違いのみ。

 

植毛について

植毛とは、頭皮に地毛を移植する方法です。

 

生着すれば自分の髪の毛となり、増毛のような人工毛ではなく地毛が増えることになります。

 

植毛は外科的な手術ですから、専門のクリニックでする事になります。

 

料金は千差万別といったところでしょうか

料金としては、大凡ですが、M字を埋めるのであれば、60万円から90万円、前頭部が100万円から110万円、つむじ部分が100万円から110万円、生え際とつむじで120万円から130万円といったところです。

 

もちろん、これ以上も以下にもなります。個人によって違いますので、あくまでも参考程度の料金概要です。

 

このように範囲やそれぞれの頭皮状態によっても価格が変わってくるので、広範囲が必要な人はかなりの金額を用意しなければいけません。

 

AGAの進行度によって植毛と増毛が決まる

生え際や、狭い範囲であれば、増毛法がいいでしょう。アデランスやアートネイチャーの人工毛は優れています。

 

今の増毛技術であれば、かなりわかりづらくなっているので、ばれづらいです。

 

しかし、広範囲が必要であれば増毛は難しく、植毛の方がおすすめになる時もあります。

 

増毛法では地毛がある程度必要です。しかし、植毛では健康な毛根を移植すればいいので、地毛の量は関係ありません。

 

とは言え、植毛も完璧とはいきません。

 

うまくいけば、植えつけた部分が地毛となって生えてきますが、必ずしも100%そうなるとは言えないのです。しかも、高いのがネックでしょうか。

 

 

増毛比較ランキング

 

トップへ戻る