マープとスヴェンソンの比較

増毛は、現在、全国的にも知られている業者としては、大手3社があり、マープ、スヴェンソンは、その中の2社となります。

 

厳密には、マープはアートネイチャーが提供する増毛法の名称となりますが、知名度が高いために、企業比較においてもそのままの名称が使用されています。

 

マープについて

まず、マープは、中心となる増毛法として結毛式が提供されています。種類が非常に多く、サービスとしてはナチュレ、トレン、ライブ、ソニック、クロスが代表的な内容となります。

 

基本的には、自毛に人口毛を結ぶ付けていくことで増毛を行い、自毛1本に対して、シングルでは2本、ダブルでは4本、トリプルでは6本という施術が行われます。

 

ピンポイントで増毛をすることができるメリットがある反面、時間がかかりすぎるという難点があります。

 

費用に関しては、マープでは公表を行っていません。

その理由として、マープでは個人差があることを上げており、実際かかる費用に関しては、無料相談を受け確認をする必要があります。

 

ネットでは様々な情報が掲載されていますが、個々により大幅な価格差があるために、マープに自分で確認をすることが重要になります。大凡ではありますが、マープ料金を調べていますので参考にしてみてください。

 

スベンソンについて

スヴェンソンは、編み込み式による増毛が中心となります。

 

この方法は、残っている自毛とスヴェンソンが開発した人工毛を特殊な3本の糸を使用することで編み込んでいくことになり、生活にストレスを感じないことが大きな特徴となります。

 

例えば、プールに入っても髪がずれたりせず、そのままシャンプーをすることもできます。また、ネットを貼る方法ではないために蒸れや頭皮の傷を避けることができるようになっています。

 

難点として自毛の成長があるため、定期的なメンテナンスが必要になるということです。これはどこのメーカーでも必須なので、予めメンテナンス料金をも合わせた上で計画を立てた方が良いですね。

 

費用に関しては、こちらで掲載しています。→スヴェンソン料金

 

増毛では、最も考慮が必要となるものに個人差があり、依頼では、見積りを取ることが重要な要素になります。

トップへ戻る