食生活と薄毛の関係

結論から先に伝えると、これは本当!肉類から摂取できるタンパク質は、もちろんヒトにとって有益で必要なものです。

 

しかし過剰に摂取し過ぎると体内の中性脂肪が増え、コレステロールが高くなってしまいます。そうなると分泌される皮脂が増え、頭皮の毛穴詰まりの原因になってしまいます。

 

コレステロールによる動脈硬化も引き起こすので、血行も悪くなり髪の成長が阻害されます。

 

肉類中心の食事を続けていると、食生活のバランスが崩れてしまい、体調はもちろん薄毛の素にもなるのです。

 

髪に必要な栄養素とは

髪にはタンパク質や亜鉛、ビタミンBなどが必要です。

 

ここで言うタンパク質は、肉類から摂取するだけでなく、野菜や大豆、魚などから摂取することが大切です。

 

特に植物性タンパク質は、コレステロール値を下げてくれるので効果的です。

 

亜鉛は髪を作るのに欠かせない栄養素です。
サプリメントでも一般的ですが、牡蠣や豚レバーにも多く含まれています。

 

薄毛のほか、白髪対策としても効果があります。

 

ビタミンBは皮脂の過剰な分泌を抑える働きがあるほか、新陳代謝を活発にする働きもあります。タンパク質同様に野菜や大豆、魚などから摂取できます。

 

バランスの良い食事の効果

バランス食

 

「海藻を食べると髪が生える」などの言葉を耳にすることもありますが、残念ながら海藻自体に発毛や薄毛の改善などの効果は認められていません。

 

ただ、海藻に含まれるミネラルは体の健康にはとても効果的です。

 

健康な体でいることは、中性脂肪や血液も良い状態なので髪にも良い状態だと言えます。

 

つまり、在り来たりですが薄毛の予防にはバランスの良い食事が大切になります。

 

こちらで、育毛サロン3社比較してます。

トップへ戻る