M型、O字型、U型の薄毛の原因とその対策方法を大公開

男性型脱毛症(AGA=Androgenetic Alopecia)は、男性ホルモンの作用が密接に関わっています。薄毛に悩む方のほとんどは30代〜40代から症状に気づき始め、50代になると多くの男性が薄毛の症状を自覚します。10代や20代などの若い世代に見られる薄毛の症状は、若年性脱毛症と呼ばれています。

 

しかし、だからといってAGAの原因が全て男性ホルモンのせいではありません。

 

男性ホルモンの中の主な成分に『テストステロン』という物質が存在しています。これが頭皮に存在する還元酵素の『5α-リダクターゼ』とくっついてしまうと薄毛を引き起こすDHT(ジヒドロテストステロン)という物質に変わります。

 

つまり

 

テストステロン + 5α-リダクターゼ → DHT

 

こういうことになります。

 

この薄毛成分が毛乳頭の男性ホルモンを感知している『アンドロゲンレセプター』に働きかけることで、発毛のサイクルを混乱させてしまうため、毛の種が安定する前に抜けてしまうのです。

 

AGAの症状とは?3つの薄毛タイプ!

男性型脱毛症が原因の薄毛は以下の3つと言われています。

 

M字型

生え際両サイドM字型に後退するタイプです。白人に特に多いようです。

 

O字型

頭頂部を中心にO型に薄くなるタイプです。O字型は日本人に多くみられるタイプだと言われています。AGAだけが原因ではなく、悪い生活習慣が原因になっている事があります。

 

U字型

生え際から薄毛が進行していき、後退していくタイプです。

 

M型、O字型、U型薄毛の原因

薄毛の原因は男性型脱毛症(AGA)のせいだけではありません。他にも様々な原因があるのです。

 

U字薄毛
  • 食生活の欧米化による乱れ
  • 睡眠不足
  • や私生活によるストレス
  • 血液の流れが悪い
  • 遺伝によるもの
  • シャンプーの選択ミス

 

O型薄毛
  • 毛根へ栄養が行き届いていない
  • 悪い生活習慣(偏食、睡眠不足、飲酒、タバコ)
  • ストレス
  • AGA(男性型脱毛症)

 

M字型の薄毛
  • 男性ホルモンの影響
  • 遺伝
  • ストレス
  • 生活習慣の乱れ
  • 間違った髪へのケア

 

上記のように、薄毛の症状・原因は様々でも、改善する為の対策はさほど差はありません。逆に言えば、どの薄毛の症状もきちんと対策さえすれば防げるのです。

 

では、具体的な対策を挙げていきます。

 

まずは髪の抜け具合をチェック!

抜け毛は1日50本・100本くらいが平均と言われます。それより多いか少ないか(1回のシャンプーで抜けた髪の毛が50本を超えないか) 、抜けた毛の太い細い、長い短いなど。・

 

季節によって多少の変化はありますが、比較すると今までよりも多い…。というのは抜け毛・薄毛が進行し始めているというサインととって良いです。 細く短い毛が頻繁に抜けるようなら、毛根や毛包が弱ってきたために毛が安定するまで成長出来ず抜けている可能性があります。

 

脱毛予防が目的の育毛剤を使用する。

育毛剤を使用する際は、 自分の頭皮状態が良好なことが第一です。吹き出物や赤いボツボツがある、フケやかゆみがひどい、 などといった症状など 、頭皮に異常がある状態で育毛剤を使っても効果が出づらく、返って頭皮にダメージを与えてしまいます。

 

まずは、頭皮環境を良好にすることを目標にしましょう。そして育毛剤は、根気よく継続して使用することで、育毛が促されるというものです。自分の頭皮に合った育毛剤を選び、まずは最低でも三ヶ月継続してみることをオススメします。

 

バランスのとれた食生活を心がける

若いうちはあまり気にしないどころか、好きなものを好きな時に好きなだけ、炭酸飲料やジャンクフードの過剰摂取なんて生活をおくりがちです。逆にダイエットに熱心で、栄養自体が足りていないなんてことも有り得ます。

 

髪にとって必要な栄養素「ビタミン・アミノ酸・ミネラル(亜鉛)」をバランスよく摂取しないと、毛髪にも影響が出てきます。 肉や野菜、魚などを偏りなくしっかり摂取することが髪にはとても重要です。もし、忙しくて食事から十分な栄養素を摂れない方はサプリメントで必要な栄養素を補うことが必要です。

 

しっかりと睡眠をとる

10代・20代の平均睡眠時間は約7時間です。数字だけを見れば、これで十分と思うかもしれませんが「睡眠の質」はどうでしょうか。

 

携帯の明かりやゲーム機の明かり寝室やベッドは快適か食後すぐの睡眠になっていないか。体力のある年代では「睡眠の質」までは気が回りません。出来るだけ早いうちから睡眠環境を整えましょう。

 

適度な運動

適度な運動は血流を良くし、心地よい睡眠へと導いてくれます。運動して汗をかくことで、代謝があがって体温も上昇。血流が促進されることにより、酸素や栄養分が十分頭皮に行き渡ります。

 

優しいヘアケア

シャンプーの時、いきなりシャンプーを髪につけたりしていませんか?薄毛改善のためには、正しいシャンプーも重要な方法の一つです。

 

まず、髪のホコリやゴミを落とすために軽くぬるま湯でやさしく流しましょう。手のひらにシャンプーを出して、泡立ててから指の腹を使って揉むように洗いやす。優しく洗っても頭皮の脂は取れます。

 

そして洗い終わったら泡が残らないようにしっかり流して下さい。トリートメントやコンディショナーは少し残した方がいいと勘違いされることが多いですが、成分が頭皮に残ってしまうと毛穴が詰まります。コンディショナーの後も丁寧に洗い流しましょう。濡れたまま寝るのも良くありませんので、しっかり乾かしてから寝るのもお忘れなく。

 

自分の「ストレス解消方法」を見つける

現代の社会人は忙しい人が多いです。自宅と会社の往復で「自分のために時間を使う」ことを忘れているように思います。薄毛の「遺伝」要素がある、会社の人間関係が上手くいかないなど、日常のストレスは完全には無くなりません。

 

でもだからと言ってそれがストレスとなって心に溜まっていってしまうのは、辛いことです。自分を大切にするのも必要なことです。 自分が楽しいと思えるような趣味やゆっくり出来る時間を意識して持つようにすると思考にも余裕が出来てストレスが溜まりにくくなります。

 

最後にまとめとして

M型、O字型、U型の薄毛の原因

原因と対策について挙げてきましたが、現在は男性型脱毛症(AGA)のためのクリニックもたくさんあります。

 

自分だけでは対策や予防がむずかしい場合は、専門家に頼ってみるのも一つの手かもしれません。

 

今では効果的な薬やサプリも出てきています、頼りきりは良くありませんがサポート役にはピッタリと言えます。

 

 

参照:スヴェンソン増毛の価格と評判!M字ハゲにも有効?

 

トップへ戻る