増毛と植毛を比較

agaで悩んでいる人は、「増毛派」と「植毛派」に分かれるようですが、あなたにはどちらの方法が合っていますか?

 

それぞれのメリット・デメリットや料金なども、増毛と植毛で比較検討しています。

 

 

植毛の費用 M字、O字、U字ハゲの大凡の料金をリサーチ

植毛を行う上で、1番気になってしまうのが、やはり料金についてですよね。植毛の料金は決して安いものではなく、更に、ハゲの症状によって、料金も変わってきます。

 

ただ、どの症状であっても、「基本治療費」というものが発生することがほとんどです。この基本治療費は、クリニックによって違いますが、20万円前後であるケースが大半であるようです。

 

でも、1回限定のトライアルプランを用意しているクリニックの場合、「トライアルプランだけは、基本治療費0円」ということがほとんどでした。「いきなり高額のプランを申し込むのは不安」という場合は、トライアルプランがオススメです。

 

ちなみに、トライアルプランは、実質負担額は施術代のみで、大体60万円前後というものが多かったです。

 

さて、M字ハゲの場合、進行具合によって治療プランが変わってきます。そのため、進行具合によって、当然、支払う料金も変わってきます。

 

初期段階のM字ハゲの場合、施術費用は50万円台〜70万円台が相場になります。それに加え、先ほどお話した「基本治療費」もプラスされることを覚えておいてください。

 

ただ、最近はリーズナブルなクリニックも増えたため、30〜40万円台という料金を打ち出している所もあります。

 

後期に差し掛かったM字ハゲの場合は、大手のクリニックだと、90〜100万円台になるようです。一方、リーズナブルなクリニックだと、60万円台以上〜90万円台以内という料金のようです。

 

頭頂部の髪が円形に抜けてしまうO字ハゲの場合は、クリニックによって、かなり料金に開きが見られます。リーズナブルなクリニックだと、60万円台〜90万円以下が相場になります。

 

一方、そうではないクリニックの場合は、100万円を軽く超え、場合によっては200万円近くになるケースもあります。

 

前頭部から後頭部にかけて、かなり広範囲に症状が広がるU字ハゲは、施術代が最も高額です。軽い症状の場合でも、300万円を超えることがほとんどです。

 

一方、症状が進んでいる場合は、500万円を超えてしまうこともあると言われています。

 

植毛のメリット・デメリットは? 増毛と何がどう違う

 

植毛と増毛は混同されてしまいがちですが、実は全くの別物です。

 

増毛は、人工的に作ったファイバーの髪を、自毛に結び付けるものです。言ってみれば「エクステ」のようなもので、「髪に、人工的な装飾品を着ける」といった感覚のもの。

 

一方、植毛は、「自分の髪を、ハゲの症状がある部分に移植する」という形のものです。そのため、植毛をするためには手術が必要になるので、医療機関で施術を受けなくてはならないのです。

 

つまり、増毛と大きく違う点は、「植毛は、人工毛ではなく、自分の毛を植え付ける」という点になります。「自分の髪を移植するなら、増毛よりも植毛の方がいいのでは」と考える人もいるかもしれません。

 

しかし、植毛にはメリット・デメリットがあるので、まずはそれを知る必要がありますね。

 

植毛のメリット

 

一番のメリットは「ハゲを根本から解決できる」という点です。増毛の場合は、「ハゲを隠すこと」が大きな目的になります。

 

しかし、植毛の場合は、「隠す」のではなく、「根本から治療する」ということが目的です。そのため、1度手術を受ければ、増毛のような面倒なメンテナンスもほとんど必要ありません。

 

次に挙げられる植毛のメリットは、「仕上がりが自然である」ということです。増毛の場合は、人工の毛を植え付けるため、どうしても仕上がりが不自然になってしまいます。

 

そして、メンテナンスをしないと、植え付けた部分が浮いてきてしまい、更に不自然になってしまいます。

 

一方植毛の場合は、「頭皮に移植する」という形になるので、自然な形で馴染みやすいのですね。手術後、頭皮の細胞に馴染むようになれば、元々あったかのような自然な見た目になるようです。

 

では次に、植毛のデメリットについても触れておきたいと思います。

 

植毛のデメリット

1つめのデメリットは、「手術をするため、体への負担が大きくなる」ということです。

 

植毛の手術自体は、それほど大変なものではなく、比較的すぐに終わるようです。でも、手術である以上は、どうしても体に負担がかかってしまうことは事実です。

 

そのため、手術後は、1週間〜10日くらいはゆっくり静養する必要があると言われています。

 

また、あまりない例ではあるものの、ごく稀に、手術後、体が拒絶反応を示すケースもあるようです。やはり、手術である以上は、たとえ簡単な手術であっても、ある程度のリスクは覚悟しなければならないということですね。

 

2つめのデメリットは、「手術後、なかなか髪が伸びてこない」ということです。

 

増毛の場合は、必要な長さの人工毛を用意し、そのまま植え付けるので、施術後は、すぐに希望通りの見た目になります。植毛の場合は、短くカットした自分の毛を移植する形になります。

 

そのため、移植した髪が伸びてくるまでは、見た目の変化は期待できません。ハゲを根本から解決できますが、希望の見た目になるまでは、ある程度の時間がかかります。

 

まとめ

増毛と植毛の違いを見てきましたが、それぞれ一長一短があります。料金面でも一時的に高額な費用が必要な「植毛」に対し「増毛」は継続的に料金が発生します。

 

ですから、総合的に料金面で比較すると「植毛」も「増毛」も大差ないようにも思います。

 

したがって、早急に見た目改善を目的とするなら「増毛」、長いスパンで良いので自分の髪を蘇らせたいという人は「植毛」になりそうです。

 

 

増毛比較ランキング

トップへ戻る